聖マリアンナ医科大学神奈川てんかんセンターでは、小児から成人まであらゆる年齢層への対応をいたします

About

神奈川てんかんセンターについて

神奈川てんかんセンターより ご挨拶

「神奈川県はじめてのてんかんセンター」

 聖マリアンナ医科大学神奈川てんかんセンターでは、「神奈川県はじめてのてんかんセンター」として小児から成人まであらゆる年齢層への対応をいたします。てんかん専門医を中心に、小児科医、神経内科医、精神科医、脳神経外科医、救急医が連携して、より正確な診断につとめ、最新の薬物治療、安全なてんかん外科治療など、最先端治療を提供いたします。
 小児てんかんの方には、治療と並行して、幼稚園、学校などでの進級、就学、幼稚園・学校生活に関する的確なアドバイスをさせていただきます。成人てんかんの方では、治療過程にかかわる就職、結婚、妊娠、出産、自動車運転免許取得などについての相談を行ってまいります。難治性てんかんの方には、神奈川県における基幹てんかん外科治療施行施設・教育施設として、側頭葉切除・選択的扁桃体海馬切除・海馬多切・脳梁離断・頭蓋内電極・焦点切除・機能的半球離断・VNSなどすべての手術術式が対応可能なところから、患者さんご本人に最適な治療法を提案致します。脳機能マッピングが必要な焦点切除症例にも万全に対応できるよう施設整備を行っています。ていねいな問診と外来検査(脳波、MRI/SPECT/PET)に加えて、必要とされる患者さんには長時間脳波ビデオモニタリング検査(小児1床・成人2床)をお受けいただいた上で、治療方針に反映します。
 患者さんをご紹介くださった地域の先生方には診療結果をご報告申し上げ、安定している患者さんについては地域の先生方に診療引き継ぎをご依頼申し上げます。主治医の先生方と綿密な連携を取りながら連携ネットワークを構築し、より良質なてんかん医療をすべての神奈川県民にご提供できるよう目指してまいります。
 私たちは、神奈川県在住のてんかんでお困りのすべての皆さま方が、いつでも最先端医療を受けることができるような拠点施設・連携基幹施設であり続けたいと考え、日夜活動を続けています。

脳神経外科より

私たちは、一人でも多くの皆様の幸せな生活を心から願っています。

てんかんセンター・副センター長(脳神経外科)
太組一朗

 てんかん外科治療というと、皆様どのようなことを感じられますでしょうか。薬物治療・外科治療・緩和治療、難しいてんかん患者さんこそ、この3本柱のすべてを駆使して初めてより良い状態を得られるはずなのに、てんかん外科治療にたどりつく患者さんがまだまだ多くないのはなぜなのでしょうか。てんかん外科治療は保険診療として認められている標準治療であり、最新医療を享受して発作の少ない、より幸せな人生に進む患者さんがたくさんおられるのに、どことなく暗くて怖い誤ったイメージが先行して、外科治療をためらっていないでしょうか。 私たちは、難治性てんかんでお困りの患者さんとお付き合いするに際して、いつも次のことを考えています。

・お困りの症状は、本当にてんかんによるものか?
・薬物治療は十分になされたか?
・外科治療介入すると、発作抑制と患者さんの幸せに資するのか?

一般的には、2剤2年(2剤の抗てんかん薬を十分使用して、2年間)治療しても発作抑制に至らない場合は、外科治療評価を含めた再評価が必要だと言われていますが、私たちがお付き合いする患者さんの多くは、何年も何年も苦労を重ねてようやくお目にかかるという方々です。それでも、なんとか一人一人に良くなっていただきたい、私たちはその一心で治療活動に従事しております。 「いままで何十年もお薬の治療と言われていたのに、いまさら手術って言われても」 「発作がなければ生活できるのに、手術を受けたほうがいいの?」 「手術を受けたら、以前よりもっと悪くなってしまわないの?」 「てんかん外科の先生って、お薬で治すことは考えてないの?」 数多く耳にするこのような当たり前の疑問ですが、どうか皆様の身近におられるご担当の先生方に尋ねてみてください。答えのない毎日を続ける必要はありません。疑問点や問題点を話し合ってみてください。それでも解決したい問題があるようでしたら、聖マリアンナ医科大学に私たちを訪ねて来てください。 私たちは「神奈川県初めてのてんかんセンター」「神奈川県唯一のてんかんセンター」として、患者さんお一人お一人に、外科治療を初めとして何か一つの新しい提案ができるてんかんセンターでありたいと考えています。圏内医療の均てん化を目指すことで神奈川県民のニーズにお応えし、国民の負託に応えるべく努力を重ねてまいります。私たちは、一人でも多くの皆様の幸せな生活を心から願っています。 聖マリアンナ医科大学神奈川てんかんセンターを、これからもどうぞよろしくお願いします。

2018 年4 月1

外来

1|小児科

小児てんかん全般を得意分野にしています。手術の必要な難治てんかん症例も、脳神経外科・小児外科と連携してチーム医療構築をします。長時間脳波ビデオモニタリング検査が可能です。

2|脳神経外科

てんかん外科手術に必要な評価・手術を担当します。長時間脳波ビデオモニタリング検査による正確な診断を行います。すべての手術が可能です。

3|脳神経内科

脳卒中後てんかんや高齢者てんかんなど、成人てんかんを担当します。てんかん患者様における神経内科的な合併症についてご相談を承ります。

4|神経精神科

てんかん患者さんに併存する精神症状でお困りの方を担当します。

てんかん相談

てんかん相談

2018年41日より、聖マリアンナ医科大学病院は神奈川県のてんかん診療拠点機関として指定を受け、それに伴い、てんかん診療支援コーディネーターによるてんかん相談を開始いたしました。

医療関係者の方へ

患者さんの紹介について (聖マリアンナ医科大学病院サイト)