聖マリアンナ医科大学神奈川てんかんセンターでは、小児から成人まであらゆる年齢層への対応をいたします

聖マリアンナ医科大学神奈川てんかんセンター

小児から成人まで  

聖マリアンナ医科大学神奈川てんかんセンターでは、「神奈川県はじめてのてんかんセンター」として小児から成人まであらゆる年齢層への対応をいたします。てんかん専門医を中心に、小児科医、脳神経外科医、脳神経内科医、神経精神科医、救急医が連携して、より正確な診断につとめ、最新の薬物治療、安全なてんかん外科治療など、最先端治療を提供いたします。

神奈川県で初めての てんかんセンター

てんかんをもつ人は100人に1人と推定されています。神奈川県の916万人口を考えると9万人程度の方がてんかんという病気に悩み戦っていることになります。その中で、お薬だけでは治療が難しい難治てんかん患者さんは神奈川県内に約3万人という計算です。てんかんの種類は大変多く、普通に学校に行ったり働くことができる人・手術をすればよくなる人・大人になると治る人・重症の障害を合わせ持つ人、など、患者さんそれぞれの周辺状況・年齢・社会環境は様々であり、ただの一人も同じ状況の方はありません。


What's New

Kanagawa Epilepsy Center