聖マリアンナ医科大学神奈川てんかんセンターでは、小児から成人まであらゆる年齢層への対応をいたします

our Activities

活動案内

神奈川県てんかん診療拠点機関

神奈川県てんかん診療拠点機関

神奈川県は、てんかん診療に関する医療機関の連携体制を強化し、専門的な相談支援、てんかんの知識の普及啓発を行うため2015年より「てんかん地域診療連携体制整備事業」を開始しました。またこの事業において201841日より聖マリアンナ医科大学病院は、てんかん診療拠点機関として、神奈川県より指定を受けております。

拠点機関の主な業務は、以下の通りです


1)相談業務
  (患者・家族・地域住民・医療機関等)
 
2)治療体制の整備
  (医療機関・精神保健福祉センター・保健所・市町村との連携・調整等)
 
3)協議会の設置・運営
  (事業計画の策定、効果の検証・評価・統計等)
 
4)研修会の開催
  (医療従事者・関係機関職員・患者・ご家族を対象)
 
5)普及啓発活動
  (患者・家族・地域住民を対象)
 
県と医療機関は連携し、てんかん診療に関する体制整備を進めていきます。

てんかんの地域診療連携モデル